英語での面接必勝法!!

能力に自信があるなら外資系に転職

転職活動でフレキシブルに働ける職場に憧れている方や、能力が高く複数の企業からヘッドハンティングされることがある方は、外資系への転職も考えてみましょう。
外資系の転職先には、世界的に有名な企業からの募集があったり、破格の待遇にて雇用をしてくれるケースがあります。外資系では国内企業とは違い、常識にとらわれない方法で働くことを許されていますから、日本企業では体質が合わない方にも適した転職先です、外資系の面接や履歴書などはすべて英語のものを提出しなければなりませんから、英語力に自信があり、高いビジネススキルを持っている方のみ外資系への転職を考えましょう。完全実力主義なので、スピード出世も夢ではないのが外資系の魅力です。

待遇よりも自分のやりたいことで見つける

外資系企業に転職するためには、お金の問題だけではなく、自分が何をやりたいのか考えることで、転職先を見つける手がかりとなります。
前職でのスキルを活かして働くのか、あるいはこれから未知の分野で活躍していきたいのかによって受ける場所もかわりますから、外資系企業を受ける前に本当に自分がやりたい仕事かどうかをよく考えて応募しましょう。自分が本当にやりたいと思っている仕事ならば、面接の時にも熱意を伝えやすいので、採用される確率も高くなります。気張らずリラックスして面接を受ければ、外資系企業への採用を勝ち取れますから、これから自分がやっていきたい職種をまず絞り込んで、これまでの経験をどう活かせるのか面接でアピールしましょう。