【キャリア診断】あなたにピッタリなお仕事教えます

外資系に転職するなら適職診断も一緒に

外資系に転職の予定がある方は、自分の適職が何なのかを再認識するために、適職診断を受けてみましょう。
適職診断はネット上で設問に答えるだけの簡単な方法から、実際にキャリアコンサルアントなどの面談を受けて、適性を調べてもらう方法があります。適職診断というのは、自分だけで仕事を探しているだけでは、全くわからないことですから、第三者の基準によって探してもらうことも大切です。外資系の場合には英語ができることは大前提で採用活動となりますが、実力さえあれば誰でも受け入れてくれる傾向にあるので、自分が一番あっている職種はなんなのかを、まずは適職診断で調べましょう。適性がでる職種が意外なものになるかもしれません。

適職診断はキャリアなども考慮される

外資系の適職診断は、これまでのキャリアとは全く関係のない職種を紹介されるのではなく、これまで働いてきた中で培ってきた知識や経験に資格が活かせる場所を紹介されます。
このため今まで研究開発で働いてきた人が急に法人営業を進められたり、などの筋違いの仕事は紹介されることが無いので安心しましょう。適職診断というのはあくまでも、その個人個人のキャリアを調べて行って一人ひとりに合わせた仕事が適職として出てくる形ですから、これから適職診断を受ける場合には、自分のキャリアについては事細かに説明できるようにしましょう。自分のキャリアから出てくる適職は、これまでの経験を存分に活かせる場所ばかりですから、バリバリと働けます。

英語で面接重要なポイントは、どう自分をアピールできるかなので、日本のように謙遜することが好ましいとは限りません。自分の過去の業績や何が出来るかを積極的にアピールして下さい。